野口哲哉展 ― THIS IS NOT A SAMURAI ―

みどころ

第二章
REAL IN UNREAL
~仮想現実の中で~

生きている兜や、ヘッドフォンに聴き入る侍、猫を散歩する鎧姿の男たち。
作品の重要な側面である「ありそうで、ないもの」には、人間社会への鋭い考察が反映されています。
今とは異なるルールの中でも、今と変わらない人間の姿が息づいています。
読み解きや哲学が秘められた独自のリアリズムが展開します。
  • Talking Head

    [ 2010年 ]
  • Sleeping Head

    [ 2010年 ]
  • 誰モ喋ッテハイケナイ

    [ 2008年 ]
  • CAT WALK 2020

    [ 2020年 ]
    高松市美術館蔵